マンスリーマンションと他契約を徹底比較!

ロゴ

ウィークリーマンションについて気になっている方

よく聞くウィークリー・マンスリーマンションは普通の賃貸物件と何が違うのかをこれから一緒に見てきましょう。マンスリーマンションとは、月単位で借りることも出来る物件を指しています。月単位と聞くと、短期間でしか借りられないように感じますが、長期間でも利用することが可能となっています。

マンスリーマンションの特徴やメリット・デメリットについて知ろう

メンズ

ウィークリーマンションの特徴

毎月後払いで賃料を支払う一般的な物件に比べて、前払いになっています。また、賃料に光熱費が含まれていることが多いので、光熱費の支払いはないことが多いです。前払いなので、光熱費は使いすぎても全然使っていなくても定額となっています。敷金礼金の必要ない物件や仲介手数料無料の場合が多く、家具家電付きの物件も目立ちます。長期間住んでいると、段々賃料が下がっていくという点も特徴の一つです。

ウィークリーマンションのメリットとデメリット

メリットは、賃料だけの支払いで済むので、他の余分な支払いがいりません。なので、初期費用を抑えることが出来ます。これは、退去時にも同じことがいえます。光熱費を気にしなくて使えるので、夏場や冬場にエアコンを使いすぎても電気代の心配をする必要がありません。デメリットは、いろいろな手数料が掛からない代わりに、毎月の賃料が割高になっています。一般的な物件と比べると1~2万円程高くなる傾向にあります。また、賃料が前払いになっているので、途中退出してしまうと残っている期間が無駄になってしまいます。

一般的な賃貸物件と比較!

一般的な賃貸物件

一般的な賃貸物件は、初期費用がかさんでしまいます。敷金礼金をはじめとしたさまざまな費用が掛かるので、入居する際にはどのくらいの初期費用になるのか確認しておく必要があります。ですが、初期費用がかさむ分、毎月支払う賃料はマンスリーマンションより安くなっています。長期間住んでいると初期費用分を取り戻して、マンスリーマンションより合計支払額は安くなることもあります。大学生などの、これから数年間住むことが決まっている人におすすめの物件です。

マンスリーマンション

マンスリーマンションは、一般的な賃貸物件に比べて入居の審査が緩くなっています。賃料が前払いなので、支払いが出来なくなるということがないからです。前払いということは、入居前に決められた期間の賃料を支払わないといけないので、まとまったお金が必要になります。備え付けの家具家電が付いているで、自分の荷物だけで済むことが可能です。退去する際も荷物がおおくならないのはありがたいです。主に赴任や転勤などで、比較的短期間の入居になる可能性が高い方におすすめできます。短期間の利用だと、一般的な賃貸物件みたいな賃料以外の初期費用が掛からないので、とても安く入居できます。

ウィークリー・マンスリーマンションに関するQ&A

家具や家電を壊したらどうなりますか?

壊したものを弁償することになります。自分が原因で壊れたのではなく、自然に壊れた場合は弁償する必要がないので、必ずその旨を伝えましょう。家具家電はあくまでもレンタルしているということになるので、丁寧に扱いましょう。そうすれば、そうそう壊れることはないでしょう。

ウィークリーとマンスリーどっちがお得ですか?

マンスリー・ウィークリーマンション京都のある物件を比較してみると、長期間の場合はマンスリーの方がお得になります。ですが、ウィークリーは、週単位で入居、退去を決められるのですぐに住み始めることが出来るでしょう。

[PR]渋谷のシェアハウス物件を大公開☆
家賃を抑えたいならcheck!

[PR]出張するならウィークリーマンション京都を利用しよう
快適な空間を提供中

[PR]仲介手数料無料で対応してくれる
理想の物件を見つけよう☆

あわせて読みたいオススメ記事

部屋

賃貸物件の決め方や契約時に注意することを知ろう

東京の江東区で賃貸物件を借りる時には、選びかたを意識していると、楽に目当ての物件を探すことが出来ます。選ぶ時に優先するべきポイントを紹介しているので、物件探しに時間が掛かってしまう方は参考にしてください。

READ MORE
広告募集中